スキル

webライティングとSEO対策のポイント

Uncategorized

webライティングのコツ

ツール

webライターにおすすめの本

webライターとはクライアント(個人、企業)から依頼を受けて、ウェブ上のサイトのコンテンツとなる記事を作成するライターのことをいいます。 最近は、運営者の代わりにブログ記事を書いたり、まとめ記事を書いたり、口コミ記事を書いたりと、その分野は多岐に渡ります。 ジャンルも、健康、美容、ファッション、求人、不動産、住宅、生活、教育、恋愛、グルメなど幅広くあります。自分の得意分野を生かすことができます。 書籍は買った人の満足をいかに高められるかがポイントですが、webライターは、読んでもらう、見つけてもらう文章を書くのが仕事です。 情報とは、主に悩みを解決するためにあります。小説は書いた人の思想を楽しむものですが、webコンテンツは主に、悩みの解決のためにほとんどの人が検索します。 そのため、その情報が役に立てば、多くの同じ悩みを抱えている人に役に立つ記事となります。 webライターは、クライアントが求める情報を正確に把握して、情報を集め、そのテーマに沿った文章を作成する能力が求められます。文章のうまさよりも、内容がためになるかがポイントになります。 文章構成力、表現力、ライティングスキル、的確な資料を見つけ出す情報収集能力、文章のコピーをしないモラルなど、それが最低限webライターに求められる能力でしょう。 書いている文章は何を目的とし、誰に向けて書いているのか、それを明確にして書くことが大切です。 ウェブ記事の読者は移り気です。少し読んで興味が沸かなければ、すぐに他の記事に移るでしょう。読者を飽きさせない工夫が必要です。 序文でテーマを明確にし、結論を先に述べるといったことで読者の興味を持続させることができます。 文章は1文1文が長いと読みにくくなります。短くする方が読者に親切な文章になります。 webライターとして生計を立てる人もいますが、多くは副業としてやっているようです。 24時間都合のいい時に作業できるので副業としても最適です。記事の中には難しい案件もありますが、簡単なものもあり、初心者でも取り組めます。 タスク案件に挑戦すれば、締め切りのプレッシャーに襲われることもありません。 ある程度の収入を得られるようになったら、家計の足しにできたり、欲しいものを買うこともできます。 収入以外では、自分の書いたものを人に読んでもらい役に立てるという喜びもやりがいとなります。 幼い頃作家に憧れていた人は、作家に近いようなことができるという夢も叶えることができます。

スキル

webライティングを始めるときに最初に問題となるのが、どのようにして仕事を取ってくるのかということになります。 これはどのような仕事をするときでも同じことですが、仕事は急に空から降ってくるわけではありませんから、まずは仕事を探すところから始めることになります。 探し方は様々ですが、webライティングという名前がついているだけに効率よく仕事を探すのであれば、web上で探すのが一番いい方法となります。 もちろん、企業や記事を求めている人を求めて直接営業をかけるという方法もありますが、元々普通のライターとして活躍をしていたということでもない限り、そのようなやり方は効率が悪く直接営業をかけるにしても今の時代はインターネットを利用することになりますから、どちらにしても仕事を探すメインの場所というのはweb上ということになります。 web上で探すのが一番と言っても、やはり全く知識や経験のない人が仕事を探すというのは大変なものですから、何からはじめて良いのかわからないということになるのですが、今の時代にもっとも効率よくライティングの仕事を探すことができるのがクラウドソーシングを利用するという方法があります。 これはweb上で記事を書いて欲しいと考えている人が不特定多数の人に記事作成の募集をかけて、その募集を見てできそうだという人が応募をします。 依頼者側が応募してきた人の中から希望の記事を書いてくれそうな人が見つかれば、その人に作業を依頼するというのが基本的な流れになります。 また、最初からクラウドソーシングサイト上に書いて欲しい記事を誰でも作業をすることができるような状態にしておき、その募集を見た人が書けそうな内容であればそのまま作業をして納品をするという形態もあります。 サイトを利用する場合、webライティングを始めるのであれば後者の形態のほうが仕事が探しやすく、気が向いた時にできそうな案件を軽くこなすということができますから、全く知識や経験のない人が始める場合にはこちらから始めてみるのが始めやすいといえます。 その理由としては前者の場合には、全く経験がないと応募をしても依頼者側から選んでもらうことができなかったりするものですが、後者の場合にはできる作業があればその瞬間にライティングを始めることができ記事の品質に問題がなければ、そのまま報酬を支払われることになるので経験がない、少ない状態ほど仕事を探しやすく便利であるためです。 ただし、誰でもすぐにできるようになっている記事の募集というのは、単価も低いことがあるのでそれだけでは生活をするには十分な稼ぎを得るのは難しい、生活をするだけの稼ぎを得るには数をこなさなければならないという欠点があります。 仕事が見つからなければ一銭にもなりませんからとりあえずお金を稼ぐということを考えると、不特定多数の人に募集をかけている作業をこなすことは悪いことではないので、webライターとしてやっていくのであれば直接単価の良い案件をもらうことができるように努力する必要があります。 ライティングに特化をしたようなサイトでない場合、ライティングの仕事がメインではないので作業形式の物の数が多くないという欠点がある一方で依頼者側との距離が比較的近いこともあり、作業形式のものを地道に続けていくことによって依頼者側に評価をされて直接依頼が来るということがありますから、ライティングの仕事がメインではないサイトであってもwebライターにとっては使いみちがあります。 逆に作業形式のライティングの仕事に特化した、いわゆるライティングサイトの場合には仕事の量が多い代わりに直接の依頼者が誰だかわからないので、高品質の記事を書いていても高単価の仕事に繋がりにくいという欠点があるので覚えておくと良いでしょう。 webライティングをする上でクラウドソーシングというのは仕事を探すのに非常に便利なものであり、全く経験がない状態からでも仕事を見つけるのは難しいものではありません。 しかし、それだけではすぐに頭打ちになってしまいますからクラウドソーシングサイトによる特性の違いというのを見極めて、より稼げる使い方を考えていくことも大事です。 常にいい仕事があるわけではありませんから、仕事のないときにはライティングに特化をしたサイトで単価が低くても確実にお金になる案件をこなして、その上で高単価の仕事を依頼してもらうことができそうなクライアントを探して高単価の仕事もこなすというやり方をしていくのがベストです。 どちらにしてもクラウドソーシングというのは、記事を書いて欲しいと考える人と記事を書きたいと思っている人を結びつけてくれる便利な存在となっていますから、これからwebライティングを始めてみようと思っているときにはこれを利用して仕事探しをしてみるのが良いでしょう。 慣れてきたら更に効率の良い仕事探しの方法を考え、より効率的に稼げるように工夫をするのがポイントになります。

収入

“webライティングをするのであれば、最初は仕事の量よりもスキルアップをすることを第一に考えることが大切です。 能力がないうちにたくさんの仕事を取ってきても仕方がありませんし、質の悪い記事を量産していると次につながらないので結局はいつかは仕事がなくなってしまうことになります、 高品質の記事を書くことができる能力さえ身に着けておけば、後は何時でも勝手に向こうの方から仕事が舞い込んでくることになりますから最初に考えることは仕事をすることよりも、スキルアップをすることを優先して考えることが重要となってきます。 それではスキルアップのためには何をすれば良いのかというと、SEO対策にはどのようなことを気をつければ良いのかということを考えた上で、読みやすい文章を書くということになります。 文章の品質を高めるというのはもちろんのことなのですが、webライティングというのはSEO対策のための文章が求められるケースが多いのでSEO対策は何かということを理解していなければ良い記事を書くことはできません。 また、SEO対策を理解していたとしても基本的な文章を書く能力に欠けていると意味がありませんから、基本的な文章力を磨いていくことも重要な事になります。 基本的な文章力に関しては決してプロレベルのものでなくても問題ありませんから、品質は高いに越したことはありませんが新聞記者のようなクオリティが求められるわけではないということを理解した上で、普通の人が見て普通に読みやすいレベルのものを書くことを意識すれば十分です。 このふたつを頭に入れておきながら、どうすればSEO対策として優秀な記事を書くことができるのか、普通の文章として読みやすいのかということを意識しながらライティングを行えばスキルアップにつながります。 高品質の記事を書くことができるようになれば、名指しで依頼をしてもらうことができることも増えてきて仕事に困らなくなりますから、最初は仕事よりも基礎を身につけるということが重要となってくるのです。 もちろん、いくらスキルがあってもそれをアピールする能力に欠けていれば意味がありませんから、ある程度その能力をアピールする力というのも必要になってきますが、能力がなければいくら仕事を取ってきても後が続かなくなってしまうので、webライティングで稼いでいくことを考えるのであれば将来のことを考えてスキルアップから始めていくのがポイントとなります。

スキル

webライティングというのは、気軽に行うことができるので誰でも簡単に始めることができます。 求められる記事の品質に関してもプロ並みでなくても十分に通用する世界であるため、参入のハードルは低いといえます。 しかし、だからといって適当に書いていればいいというわけではないので、いくつかの注意点を守ってwebライティングに必要な記事の品質のレベルを上げていくことが重要な事になります。 webライティングというのは、SEO対策向けの記事を書くことが多いので人が読んで分かりやすいことよりも、検索エンジンに評価をしてもらえるかどうかというのが最初に重要視されます。 その一方で人間が読んで価値がある記事であるということも求められますから、どちらか片方に傾倒しすぎては駄目でSEO対策向けだから記事の品質は問われないと考えるのは禁物です。 基本はあくまでも人間が読んで読みやすくその上で機械からも評価をされやすいというのがポイントになってきますので、最低限の記事の品質というのは気をつけた上で、SEO対策に適した記事を書いていくことが大事です。 そのため、当たり前のことではありますが読みやすい文章を工夫して書くことが重要となり、簡潔に要点をまとめた文章を意識して書くようにしていきましょう。 文章の組み立て方に問題はないか、接続詞は正しく使われているか、極端に難しい表現が使われていないか、語尾が統一されているのか、同じ語尾が続いていないのかなどなど抑えるべきポイントというのは普通に文章を書く上で大事なことばかりとなります。 文章の組み立てがおかしいと読んでいて何を言いたいのかわかりづらいものですし、接続詞が正しく使われていないと内容がつながってきません。 簡単に書くことができるところをあえて小難しく書くのはいい文章とは言えませんし、語尾が統一されていないというのはやはり文章として不自然です。 ひたすら同じ語尾が続くというのも幼稚な印象を与えてしまうものであり、何度も語尾が、ですやますばかりとなっていると大人が書いた文章には見えなくなってしまうため語尾も適宜バランス良く変えていくことが求められます。 このようにwebライティングのチェックポイントと言っても、基本的には普通に文章を書く時に気をつけるポイントを押さえていれば問題はなく、その上でSEO対策には何が必要なのかということを理解してライティングをしていくことが求められます。

スキル

webライティングにあたり、文章作成を楽にしてくれるツールがいくつか存在します。中にはそうしたものを使わないという人もいますが、これからwebライティングを始める人、技術力を高めたい人などはぜひとも知っておきたいところです。 webライティングで重要なことは、アクセス数をいかに稼ぐかということです。稼ぎ方として、一番いいのはSNSで記事が拡散されることです。しかし、ある程度の期間において記事をアップしていることや、ファンが一定数いること、影響力のある人が拡散することなどが条件となり、サイトを立ち上げて間もない時期にはあまり期待は出来ません。このため、キーワード検索で流入してくる人をいかに増やすかが大事になります。そのために必要なものとして、キーワード選定ツールがあります。例えば、野球に関するページ、記事を作るという場合には、野球に関連するキーワードを探します。すると、速報、結果、ゲームなどの関連キーワードが出てきて、それにまつわる記事を書けばいい、キーワードに散りばめていけばいいということが分かります。あまりに多く使いすぎると、いわゆるSEO対策が施された、営利的なものを狙った記事と思われてしまいますが、過度に用いないようにすれば、自然な文章を作り上げることが可能になります。 SEO対策で使用したキーワードが文章中にどれだけ出てくるかを調べるものもあります。あまりにも多く出てくればそれを是正するということも出来ますし、意図しないキーワードが多く使われている場合にはそれをチェックし、改善していくことにもつながります。いわゆる出現頻度を示すツールというものを使うことで、自分がどのようなキーワードを多用するのかという癖を知ることにもなります。何か困ったらこのキーワードを使う、言い回しが似ているなど、そうした部分に気付き、改善に結びつけることも出来ます。実際にそうしたものを見つけ、別の表現で文章を書きたいという場合におすすめなのが辞書ツールです。同じような言葉ばかり使うと、記事としての信憑性だけでなく、ライターとしての技量が問われ、いい評価を得ることが出来なくなります。とはいえ、今から日本語を勉強するのでは遅すぎるため、辞書ツールを用いて文章作成をしていくことが無難です。1つの言葉を入力すれば、それに似た言葉がいくつも出てくるため、これらのものをうまく使っていくことになります。 文字数のカウントをしてくれるものも登場しています。文字数のカウントはwebライティングの際には欠かせないものとなっており、納品をしなければならないという場合に、事前に決められた文字数の範囲内かをチェックする際に使用することになります。また、ブログなどでは、自分では文字数を押さえたつもりでも、実はかなり多かったということもあります。一方、ある程度の文字数がなければ検索に引っ掛からないといったことも指摘されており、文字数を把握することは必要です。こうしたものを使わずに文字数をチェックするには、文書作成ソフトの機能を使うなど一手間かかることになりますが、ネット上でそうしたものが出来れば、わざわざソフトの立ち上げを待たずして作業を終えることが可能です。 文章の校正というのもwebライティングでは重要です。平仮名ばかり使っているページはいくら内容が良くても、幼稚さが見えてしまいます。漢字で誰もが書けるものは漢字で書くということや、あえて難しい言葉は平仮名にする、間違った漢字を是正するなどの意図がある場合に使用することをおすすめします。校正では、文章に関するエラー、ミスを直すことも必要です。誤字脱字、変換ミスなどを指摘し、直すことが可能です。せっかくのいい文章が誤字脱字で台無しになり、本当は欲しいユーザーからの反応も誤字脱字に終始され、そんなものを求めていないといういら立ちに変わってしまいます。長い文章だといちいち調べてられないというのもあるため、校正ツールで調べることをおすすめします。 コピペをチェックするアプリなどを用いることも必要です。最近は人が書いた文章を平気でコピーし、それを貼り付けて文章を書く人がいます。それをやってしまうと訴えられる可能性もあれば、信憑性を疑われ、サイトを閉じざるを得ない状況に追い込まれる可能性すらあります。一方、コピペをしているわけではなかったのに、結果として似てしまうということもあります。こうしたものを避けるためにチェック機能のついたものを使用し、防ぐということが必要になります。最近はコピペの文章を多少変えてくれるものも登場していますが、出来ればオリジナルの文章、オリジナルの言い回しで作っていくことが求められます。あくまで参考にし、それを下敷きにしてオリジナルの文章を作るということを心がければいいだけのことです。自分が必要とするもの、アプリなどを探し、それを用いることが大切です。

ツール

webライターのメリットは、自宅にいながら仕事ができることにあります。 年収は意外と幅広く、30万円未満の方もいますし、500万円以上稼いでいる方もいます。 作成時間、作成スキル、得意分野などによって稼げる金額は変わってきますが、稼ぐために一番大切なのはクライアント選びにあります。 webライター求人のンp集を見て、信頼できるクライアントを探していきましょう。 中堅・大手クライアントは信頼性があり、報酬も高めに設定されていることが多いです。 求人探しで注意したいのは、初期費用などのコストです。 基本的に仕事を始めるのにお金がかかるという状態は健全とは言えません。 お互いに顔の見えない同士でのやり取りになりますから、初期費用が0円のところを選びましょう。 教材費用として50万円が必要などと言われたら、きっぱりと断るようにしてください。 教材購入にあたってローン契約を迫ってくる業者もあるため、報酬以外でお金の話が出てきたときは注意です。 webライター求人の応募には、基本的に履歴書・写真提出などはありません。 メールで簡単な自己紹介、得意分野などを伝えるだけというパターンが多いです。 電話、スカイプなどでやり取りするケースも少なく、ほとんどはメール対応となります。 応募をするとサンプル記事作成を求められることが多いので、指定内容に沿って作成・提出してください。 サンプル記事が採用された場合は正式採用となり、ライターの仕事を任されることになります。 webライターはお小遣い稼ぎとして行っている方が多く、手軽にできる副業として人気があります。 以前はパソコンを使った副業と言えばデータ入力が多かったものですが、パソコンが普及した現在ではほとんどの方がキーボード入力ができる状態です。 そのためデータ入力の仕事は減少し、以前ほど稼げないと考えてよいでしょう。 webライターでまとまった年収を稼ぐためには、得意分野を身につけておくことが大切です。 例えば、債務整理、カードローン、エステ関連などの得意分野があることは強みとなります。 カードローンの利用経験のある方なら、体験談を交えてカードローン記事を作成することができるでしょう。 求人応募をするときは得意分野をしっかりとアピールしておくのが採用されるコツです。 クライアントが満足する記事を納品すれば、継続的に仕事をもらえる可能性が高くなります。 記事作成においては納期厳守なので、作成可能な分だけを受注するようにしてください。

求人

ビジネスでwebサイトの活用が当たり前になるなか、webライティングも重要性が増しています。 今後も重要性は増していくことが予想されるので、webライターに対する需要は増えていくでしょう。 webライターの仕事は、紙媒体でライターとして活躍するよりも、比較的始めやすいです。 しかし、webライターとして競争を勝ち抜き生き残るためには、webライティングならではの特徴を理解しなければいけません。 同じ文章を書く媒体でも、webと紙媒体では大きな違いがあるからです。 ですから、たとえ紙媒体でライターとしての経験が豊富でも、webに文章を書くときは違いを意識しましょう。 webと紙で一番違うのは、情報量です。 紙媒体では紙面の都合上、文章を掲載できるスペースが限られています。 そのため、文字数が厳密に決められており、その範囲内で必要な情報を過不足なくまとめなければいけません。 しかし、webの場合は紙とは違って、文字数の制限が緩やかです。 また、カラーの画像やグラフなどの文字以外の情報も、ふんだんに掲載することが可能です。 さらに関連する情報をリンクを貼って紹介できるので、紙よりも多くの情報を掲載することもできます。 基本的に紙とは違い、スペースは制限されていないので、好きなだけ文章や画像を使って情報を伝えられるのがwebの特徴です。 違いは情報量だけでなく、文章の質にもあります。 新聞や雑誌、書籍などを読むとき、多くの人はじっくりと記事の内容を読み込みます。 そのため、ライターには一つの情報を掘り下げ、しっかりとした文章を書かなければいけません。 それに対してwebは、じっくりと読まれることはありません。 スキマ時間にサッと読んだり、ネットサーフィンをしていくなかでサラッと読まれることがほとんどです。 ですから、webライティングでは深く掘り下げた長い記事よりも、簡潔にまとめられた短い記事が好まれます。 スペースに制限がなく文字数が緩やかだと、ライターは長々とした文章を書きがちです。 しかし、webで記事を読む多くの人は、長文を好みません。 要点を簡潔にまとめて、スキマ時間にサッと読める記事を求めているので、それに対応できるwebライティングがライターには求められています。 ライターとしてwebでも紙媒体でも活躍するためには、両者の違いを理解しておくことが大切です。 特にwebライティングはこれまでの手法とは違うので、意識しながら書きましょう。

スキル

webライターは、webライティングを専業若しくは主な職業として行っている人と定義出来ます。行っている内容自体はブロガーに似ていますが、執筆の対価として直接的に文章そのものから報酬を得ている点に違いがあると言えます。報酬はライティングを行った数と直結しており、其々の文章が要求水準を満たす正確性を備えているかという点と併せて、稼ぎが決定する事となります。つまり仕事量に拠る変動制となる訳です。 実際の収入ですが、専業でコンスタントにかなりの量のライティング数をこなしている場合、年収で300万円程度に到達する可能性もあります。基本的に資本を必要とせず、パソコン等の端末があれば場所を問わずに執筆が行える可能性があるといった点から、収入を得る為のランニングコストは低いと言えます。その為税金等の支払いを行った後、手元に残る稼ぎは比較的多いと言えます。専業であれば、充分に暮らして行けるだけの金銭を得られる可能性を秘めている職業となります。 但し1記事当たり・1文字当たりというミクロの視点で見ると、少し違った側面も見えて来ます。前述のように投下資本をあまり要しない上に、1記事からの執筆も認められる仕組みは整っているので、webライティングは個々人にとって参入し易い分野と言えます。その為、小遣い稼ぎ・副業といった形で関わる人も多く、またその数や予備軍も膨大と言えます。そしてこうした条件にある分野はwebライティングに限った事ではありませんが、単価の下落圧力が掛り易いという側面があります。 こうした事もあり、1文字当たりの単価では1円を切るような相場が形成されています。そして参入者が多くなるとライティングの内容・品質における差も幅が出て来る為、依頼に対して求められる正確性は上昇する傾向にあります。故に一定額の収入を基準とした場合、そこに到達する為に必要とされるライティング量は、年々上昇しつつあります。 またこのような傾向がある中で、webライターにおける稼ぎの格差が大きくなっており、二極化が進む傾向にあります。そして思うような収入が得られない場合、専業としては市場から退場して行く人も少なくありません。加えてwebライターとして長く働いていると、同じようなライティング依頼が舞い込み易くなるという側面があり、各々にオリジナルな記事の作成を要求される事から稼ぎへのハードルが上がるという面もあります。これらの面を乗り越え、安定した状況を確保し続けられるか否かがwebライターの収入のカギを握るものとなります。

収入

webライティングは副業としても人気となっていますが、実用的となる資格も存在します。ライターになるためには、特に資格は必要がありませんが、取得しておくと有利になるものがあります。まず最初に、WEBライティング能力検定と呼ばれるものがあり、3級から1級まであります。3級から1級までは問題が同じとなり、点数によって級が認定されます。点数は100点換算となり、1級の場合は88点以上が必要となります。受講項目としては、国語、webライティング、コピーライティング、メールライティング、SEO、倫理、法律、炎上対策、論文となります。難易度として高いものは国語、論文となります。特に国語は受験した方の多くが難しいという意見が多く、普段間違えている言葉も多く出題されるようです。実用的なスキルと知識が学べるので、自分の能力を向上させるためにも試験を受けることを検討してみましょう。 WEBライティング能力検定と似たものとして、WEBライティング技能検定と呼ばれるものもあり、この検定は日本クラウドソーシング検定協会が運営しているものとなります。WEBライティング技能検定は、まずWEBライティング技能検定講座を購入します。こちらの講座を受けた方のみが試験の対象者となります。講座受講料としては、32000円ほどかかります。試験料としては、6000円となり、合格証発行料が3000円かかります。合格するとWEBライティング実務士のIDが発送されるか、認定カードを受け取ることもできます。試験の内容としては、選択式の問題と、記述式のライティングの問題となります。選択式の問題は講座の問題集を中心に出題されるので、しっかりと講座で学んで試験対策を行います。講座の際に届く教材としては、WEBライティング技能検定講座 基礎編、実践編、基礎編と実践編の問題集となります。試験に関しては、難しいのか、と不安に感じている方も多いですが、しっかりと講座で学ぶことによって試験に落ちてしまうということは少ないようです。この検定を受けることによってのメリットとしては、ライティングに関すること学ため、ライティングの技術を上げることができます。ライティングのスキルを証明できる証ともなりますし、ライティング作業の効率も上がるので、報酬も上がっていきます。ライターとして本業に就きたい、知識や技術を高めて報酬を上げたいという方にはおすすめの資格となります。

資格

最近ではインターネット上で仕事ができるクラウドソーシングの副業も人気となっていますが、その中でもwebライティングと呼ばれる仕事があります。このwebライティングは様々な記事を作るお仕事となり、作られた記事はネットのサイトで使用されることになります。このお仕事を始めるために必要な費用は一切なく、リスクなしで始めることができます。中には初期費用や月額料金を請求してくる業者も存在しますが、それらの業者の利用は避けたほうが良いでしょう。お仕事の探し方としては、クラウドソーシングサイトに登録をして探すことになり、様々なインターネット上の仕事を取り扱っている複合型と、ライティング案件しか扱っていない特化型のサイトから探すことになります。複合型の場合は、ライティングのお仕事以外にも、データ入力やテープ起こし、翻訳など様々なものを取り扱っています。ライティングもタスクとプロジェクト案件と分けることができ、タスクの場合は1記事単位の場合が多いです。プロジェクト案件の場合は、複数の記事を書いて提出したり、クライアントの運営しているサイトの記事を書き続けるなどの仕事となります。初心者の方ですと、まずは1記事単位のタスク案件から始めてみるのが良いでしょう。この案件をこなすごとにクラウドソーシングのサイト内で実績がつき、クライアント側から依頼される可能性も増えてきます。特化型の場合は、ライティング案件しか扱っておらず、ほとんどが1記事単位のタスク案件となります。 複合型や特化型で記事を書くことになりますが、記事の文字数としては、100文字程度のものや、数千文字と案件によって違って行きます。多いものとしては、500文字から1000文字ほどの案件となります。単価としては、1文字0.2円から0.4円ほどが相場となり、0.2円の場合は1000文字書いて200円となります。0.1円などの低い単価の案件もありますが、初心者の方は練習として仕事を受けるというのも良いでしょう。記事を書くと必ず報酬が発生するものではなく、クライアントが納品された記事をチェックして、受理できないという場合は非承認となり報酬が発生しない仕組みとなっています。非承認となる理由としては、定められているルールに従っていなかったり、日本語が変、文章間違いが多いなどの理由となります。副業として会社員の方だけでなく、主婦の方も行っているという方は多いので、まずは初めて見てどのような感じか確かめてみるというのも良いでしょう。

副業